未分類

フットサル初心者がシュートするときにどこを狙うのか?シュートの蹴り方も紹介!

Pocket

今回は、フットサル初心者がシュートするときにどこを狙うのか、さらにシュートの蹴り方を紹介していきます。

フットサル初心者が簡単にゴールするにはどうしたら良いのか?は、別の記事で紹介したとおりです。

ゴールの近くにポジションをとることは絶対にやって欲しいことです。

しかし、試合の中では敵プレイヤーのマークを受けてゴール近くに居てもボールが来ない場面や、ゴールから少し離れたポジションでパスを受ける場面も多く訪れます。

足に当てるだけでゴールできないポジションにいるときに得点を奪うには、シュートをするしかありませんよね。

このように、ゴールから少し離れたポジションでボールを受けたとき、初心者はゴールのどこを狙ってシュートすれば得点できるのか、そして得点しやすい蹴り方について解説していきます。

 

フットサル初心者がシュートするときにどこを狙うのか?

フットサル初心者がシュートするときに狙うべき場所は、ゴレイロの肩より上です。

ゴールの隅を狙ってシュートすると思った方もいるではないでしょうか?

フットサルのゴールは小さいので、ゴールの隅にシュートを決めるためには、ある程度の正確さと速さが必要になってきます。

これはフットサル初心者にとっては簡単なことではありません。

ゴレイロの肩より上に打つシュートが得点に結びつきやすい理由は以下で説明します。

 

反応できない・反応できたとしてもボールにさわれない

ドッジボールってやったことありますよね?

ボールが顔面に向かって飛んできた時のことを思い出してください。

私は反射的に手を出したのですが、ボールに触れることもできなくて、そのまま顔に当たった苦い思い出があります。

そうなんです、急に肩より高いボールが来ても触れないし、ましてやキャッチすることなんて無理なんです!

ゴレイロの体勢にも注目してみましょう。

ゴールから少し離れた位置でシュートが来るとわかった時に、ゴレイロはどのような体勢になるでしょうか?

重心を低くして、両手を下げる格好になります。

重心が高い状態(足が伸びている状態)だと、動き出しが遅くなって素早く動けないし、膝よりも低いシュートに全く反応できなくなってしまうので、どのようなボールが来ても反応しやすい体勢を取るためです。

この体勢の時に肩より上にシュートを打たれたら、たとえゴレイロが反応して手を上にあげたとしても、ボールがゴールに到達する方が早いでしょう。

コースさえ良ければ、スピードが遅くてもゴレイロが触れないので、私も試合中はゴールの上を狙ってシュートしますし、PKの時も積極的に上の方を狙います。

ほとんどのゴレイロが動けないまま、得点を挙げることができています!

 

ゴレイロの位置を気にしなくて良くなる

フットサル初心者がパスを受けた後にゴレイロの位置を確認していると、シュートするまでの時間が長くなってしまうので、周りにいる敵プレイヤーにブロックされる可能性が高くなります。

でも、シュートを打つ場所が1つに決まっていれば、ゴレイロの位置を確認するタイムロスが無くなるので、その分シュートブロックされにくくなります。

さらに、シュートを打つことに迷いがなくなれば、思いっきりシュート打てますよね?

たとえ狙った通りにゴールの上方に行かずに、ゴロになってしまったとしても、思い切り打ったシュートはボールに勢いが出て、結果として得点しやすいのです。

私もキックミスをしてしまうことはありますが、ボールに勢いがあったおかげで、ゴレイロに当たりつつも得点になることが良くあります。

思った通りの形でなくても、1点は1点なので、気にしなくてOKです!

 

シュートの蹴り方は?

フットサル初心者は、トウキック(つま先で蹴ること)でボールを下から上に蹴り上げるのが1番簡単です。

トウキックの良いところは、インステップ(足の甲)のように振りかぶらないので、ボールを蹴るまでの時間が短く、強いシュートが打てること。

そして、点でボールを蹴るため、ゴレイロからするとボールがどこに飛ぶのか予測が付きづらいというのも良いところです。

対して悪いところは、正確に狙った場所に蹴るのが難しいということですが、ゴールの上の方にボールが飛んで行ってくれさえすればよいので、あまり問題になりません。

 

まとめ

今回は、フットサル初心者がシュートするときにどこを狙うのか、そしてシュートの蹴り方を紹介してきました。

大事なのは、ゴレイロの肩より上を狙ってシュートを打つことです。

ほとんどのゴレイロが何もできずに得点できますから!

ぜひゴールを増やして、フットサルを楽しんでもらえればと思います!